チャリライブ!日本一周ブログ!!

自転車やアウトドアの知識0の中途半端なオタクが2017年4月19日から自転車で日本一周します。チャリライバーとして輝きたい!! twitter→@sorebo9

日本一周20日目『舟隠し編』

ふと過去の記事を見てて思いました。

↓これ、記事の頭につけたほうが押しやすいですかね?
よくわかんないので試しにつけてみます。


ランキング?に反映される??

押してぽちり〜してもらえると励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村





能登半島編の続きはーじまーるよー!

いやー旅ももうすぐ3週間に突入するわけですが、僕はどうしてもわからないことがあるんですよ。



何故こうも他の旅人さんと食欲が違うのか
睡眠は…まあ疲労があったのか公園で泥のように眠っていましたが基本的に4〜6時起きです。中途覚醒しても日中動いてます。
すなわち睡眠欲はわりと減退。
性欲は言わずもがな。いや、言わないとわかんないか。

常時賢者か!?ってくらいですよ。

暇さえあればFGOスクフェスか読書かブログ更新したいですし。
どれもできてないから困ったもんです。


あと、お酒もあんまり飲まなくなりましたね。
去年の今頃とか毎日飲んでたと思います。
1日2缶?
次の日休日なら4缶かなあ。
そんなやつが最近はほとんど飲まなくなりましたね。

とはいえ、この前のカラオケではおそらくハイボール20杯は飲んだと思いますが…。
カラオケの店員さん、頼んでもないのに途中から2杯ずつくらい持ってきてましたね…ええ…。



まあこんなにも欲求が低いのに、ホント食欲だけはどうにもならんです。

朝よく食べる、食パンだって絶対に何か具材を挟まないと気が済まないですし、食パンだけじゃ物足りないです。



食パンにしても3枚くらいは食べますし。

で、10時のおやつとして何かつまみます。

お昼もわりとガッツリ食べます。

夜も言わずもがなです。


食べてばっかじゃねーか!


食べないと体もたないし…。
あと腹に何かいれたいんですよねきっと。
だから腹持ちがいいとか満腹感も重視しちゃう…。
お金がぁああ!





気を取り直して旅に戻ります。

海岸線に沿ってずーっと進んで行きます。



どこまでもこんな感じののどかな風景が広がっています。
海辺の田舎町って雰囲気がよく出てますね…。ちょっと山に入ればまた違った顔を見せる能登半島の「日本らしい田舎さ」にちょっと感動。

せっかくなので山道も…と思い山道に入ると神社の案内の看板が見えたので吸い込まれるようにいきます笑。


この神社、御祭神がわからず…。
とりあえず素敵な場所に招いてくださりありがとうございます、と拝んできました。


スピリチュアルやね。







こんな場所もありました。


ちょうど軽トラが通っているんですが、軽トラがが通っている風景なんてホントのどかな感じ。



ここに住んでおられる方にとっては日常なんでしょうが非現実感を覚えます。

そりゃあまあ、
ど平日の真昼間からぷらぷらしてること自体が非日常でしょうしね!



義経の…舟隠し!?
なんだその某蝉のなきそうなゲームのような名前の場所は!



こうしちゃいられない!ドキドキが止まらん!
唸れ!ライジングサンシャイン号!




って、看板わかりづらスギィ!!


めっちゃ通りすぎるところでしたわ。



こんな感じの細い道を100メートルばかり自転車を押して歩いて行きます。
滑ったらチャリか自分が海の藻屑になりそーだなー。



無事到着。
すげェ…。



すぐに戻る…。ちょっと待っててくれよ…。

どこか不安そうな愛車。
大丈夫…すぐに戻るから(フラグ)。




ふつーに危険で笑いました。

東尋坊や巌門のさらに上を行く断崖絶壁ぶりでした。
いや待てそういう場所じゃなかったよな…。

ヒェエエ…高い!


飛ばんでエエ。


本当に身がすくむような断崖絶壁でした。
こんなにも見事な断崖絶壁を見たのは初めてかもしれません。

その後愛車の元へ戻り、来た道を通って先へ進むことにします。
と、ちょっと登ったところで『ヤセの断崖』と言われるものが…。


あー、そういえばさっきなんか看板に書いてあったなあ。ここも崖なんかな。と思い行くことに。






なんすかこのベンチ…。
そして思いっきり自殺防止っぽい言葉が…。

東尋坊でもありましたね。
ありましたね、というかあるらしいんですけどね。
公衆電話に自殺防止のために相談のダイヤルがあるとかないとか。

僕も噂を聞いただけで見なかったです。
東尋坊ではアイスクリームを2個たべてご満悦でそれどころじゃなかったような記憶があります。



ふむ…能登金剛…。
金剛!?



こっちより個人的には金剛って聞くと前者を思い出します。

ヒエッ…ここも高い上にまじで断崖絶壁だ…。
日本海の荒々しさっていうのはこういうところから見て取れますよね。
太平洋側はもっと海が大らかですが特にこういう入り組んだところは厳しさが増します。

まあ、体感的な怖さで言えば、舟隠しの方が断然上回っていますが…。





先へ進んで行くと…こんな場所が。
あのですね、この旅を始めて約3週間。
初めて胸糞悪くなりました。

なんですかこの駐車場料金500円って。しかも車しか入ってはいけない。
自転車やバイクが入れないように柵やガムテープで通れないようにしています。


鳴き砂であったり東尋坊であったり、駐車場料金とってましたけど2輪は無料でした。
じゃあ、駐車場外へ駐輪すれば?って思う方もおられるかもしれませんが、駐車場外へ停めて良いはずないですし。
何台も駐車場外に2輪車停まっていたらおかしいですよね。

すなわち
500円払わないと絶対に入れてやらねえ
という根性が丸出しで胸糞悪いんですよ。

パーキングのバー付近にはご丁寧に監視カメラも備え付けてありましたし。


誰がこんなところいくかと心の中で割とガチでキレながら去りました。

きっと何か事情があるのでしょうがわかるようにしてほしいですし、納得できる形にしてほしいです。
これで国定公園っていうのはいかがなものかと…。




輪島イエーイ✌️





板壁の黒瓦の家が密集しています。
船問屋で昔栄えていた地区だそうです。
天領というのは江戸幕府の直轄地ですね。
この地区がどれだけ栄えていたかわかるかと思います。

じゃあ何故今ではひっそりとした集落になったかというと明治になり鉄道が発達して、輸送等が海上から陸上に移り変わって行ったからなんですね。

こう書くとうおお!こいつめっちゃ博識やな!と思われるかもしれませんが、安心してください。
グーグル先生のおかげです

でもこうして通った土地のちょっとした疑問点とかゆっくり調べてその土地を知ることができるっていうのはおもしろいですね。




黒島地区を通り過ぎて自転車を走らせること数10分。


どこだここ!?


また迷っダァァアァァァアアア!




進むしかないのでとにかく進みます。
あんまり地図が好きじゃない(だから迷う)のですが、たまに地図とにらめっこしながら進みます。どうやらずっと行けばどこかの海岸線には出られる模様。

しかし険しい山道は続きます。
滝のように汗を滴らせながら自転車を押したり、走らせたり。


すると、

のとキリシマツツジといい4月下旬〜5月中旬が見頃なんだそうです。
ちょうどナイスなタイミングで出会えました!
しかもさまようことによって。

日中の8割ほど日光が必要らしく、多すぎても少なすぎてもダメという育てるのがむずかしそうな…。

ちょっと花見をしてひと休み。

花より団子な人間ですが、見事な深紅の赤に息をのみました。



ツツジを堪能してからひたすら先を目指します。
とにかく海岸線に出たい…。

山道は獣が出てくる可能性もありますし、なるべくいたくないんですよね。
方向感覚も狂いますし。




道を下っていくと



海岸線へようやく出ました。

ホッと一安心。
そのままずーっと海岸線に沿って走ります。
すると、

寄り道パーキングという施設にたどり着きます。
道の駅のちっちゃい版?のような印象。
地元産の食材やおにぎり等売っていました。

売店のおばちゃんとお話。日本一周している旨を話します。
お菓子(クッキー)とコーヒーをいただきました。

すると、
「ここらへんは朝ドラの『まれ』の撮影で使われたんだよね」
という話に。
まれはちゃんと見ていない…というより仕事に出る時間の関係で朝ドラをゆっくり見る時間もないのでみていません。

「男女滝ってところがあるんだけどそこを通って、行ってほしいなあ。ちょっと遠回りになるけど絶対にオススメだよ」

と話されます。
まあそこまで話されるなら…と男女滝と言われる場所に向かうことに。

その前に


おにぎりをもぐもぐ。
岩のりって言うんです?めっちゃうまい笑。
今のところ旅中のベストオブおにぎりです。

そして


やっぱりお米は最高ですぅ〜





小腹を満たしたところで男女滝へ向かいます。


今日2回目?3回目の山道。


もう坂道は嫌ァァァアーーー!!!
心で悪態をつきながらひたすら漕ぎ続けます。





あ、のとキリシマツツジ

さっきの場所ではでっかいツツジが単発で咲き誇っていましたが、こうして密集して咲いていると緑とのコントラストでまた違った印象に見えます。

というよりキリシマツツジだよね…?これ…?




看板が!まだかーー!まだつかないのかー!


くだり坂で身体が冷えて寒いです。
能登に入る前にスポーツショップで速乾のウェアを買っていたので若干マシですが。



着いた…。



無事到着…。


…。






想像↓





現実↓




ヤダ…なんかショb…





ちょっとガッカリしながらも自転車を漕ぎ続けていると集落に出ます。


間垣の里と呼ばれる場所らしいです。

豪雪地帯や海岸線沿いの集落は生きるための昔の人の知恵が見て取れるのでおもしろいですよね。



ここに岩があるじゃろ?






くっくっく…。どれ、1つ遊んでやるか…。



はぁあああああああああああ!!!!!





〜結果は想像にお任せします〜




道中見つけた廃校。廃校になってからまだそんなに月日が経っていません。



夕日を見ながら峠を越える。
もう峠は(ry


ゾウゾウ鼻。
海岸が象の鼻に見えるらしいんですが残念ながら僕にはわかりませんでした。

それから1時間ちょっと走り…。


疲労でくたくたの身体。
早く休みたいのですが、洗濯をしないとちょっとヤバい…。
スーパーで惣菜を買ってからコインランドリーへ。

洗濯を済ませます。





なんか飲みたい気分に。
ビールは普段全く飲まないんですけどね。
あ、ノンアルです。





ありがてぇ…キンッキンッに冷えてやがる…。




同じ日本一周をしているチャリダーさんにバスの停留所が24時間空いているということを教えてもらい、この日は輪島の道の駅ぷらっと訪夢で野宿をすることにしました。


すぐ近くにチャリが置けると荷物を下ろさなくていいからすっごく楽です…。



君と僕の足跡〜


ランキング?に反映される??

押してぽちり〜してもらえると励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村