読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリライブ!日本一周ブログ!!

自転車やアウトドアの知識0の中途半端なオタクが2017年4月19日から自転車で日本一周します。チャリライバーとして輝きたい!! twitter→@sorebo9

日本一周29日目『ガーデンオブケンロク』金沢編②


ゲストハウスで起床。
これまでなら『なんてクソみたいなマットレスだ! ちくしょう!』となっていると思うんですが、久しぶりのお布団は最高でした。
天井があるだけでもういいんですよ…。

しかし最近乾燥が本当にひどくて…。
蚊に刺されてなのか乾燥なのかわからない程度に痒いです。
風呂入ってないとかそっちではなく!
もともと乾燥しやすくて、もう冬並みに乾燥ひどいんですもん。肌の。
ニベア持って来てたはずだから塗ろうかな…。

そういえばテントで寝るとすんごい乾燥が進行する気がします。
朝とかやばいですもん…。


さて、いつもの babyでmaybeなボタンです。

押してぽちり〜してもらえると励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


朝6時起床。
…のはずが、僕以外全員寝ており、物音を非常に立てにくいため、スマホをぽちぽちして時間を潰しました。

いや、ブログ更新(後編ですね)をしないといけないので時間を潰すじゃなくて有効活用ですね。

朝起きてスッキリしたほうがブログが捗ることがこのとき判明。

結局1時間半かけて記事書いてそのあと日課であるFGOというクソゲーやりました。
すると、8時くらいに全員ゴソゴソし始めたのであんパン食べて歯磨いて即出発。


断じて外出するのに勇気が必要だったわけではない!





兼六園〜ガーデンオブケンロク〜



兼六園になぜこうも固執するかというと、北の海の聖地だからです。
作品では四高の柔道部の生徒と主人公である洪作が散歩しています。




さて、坂を上るか…というところで、ソフトクリームを発見。
金箔ソフトという多分何とかナンデスでみたことある噂のソフトクリーム。




朝から話題の金箔ソフトを食べ…











クソ高い…。
しかし、清水の舞台から飛び降りる思いで、
購入

食べてみて、それがネタになるなら680円なんて…はした金だ…。



画像が横で申し訳ないです。
こんな感じ。

みたところなんの変哲も無いソフトクリーム
なんか表面にありますね、程度。
とりあえず、実食!






ペロリ。

…。




……。












ふっつーのアイスクリームなんですが…

あまりにもふつうすぎて



こんなのに680円も…。定食食べれるやん…。




とある場所では891円で売っているこのアイスクリーム。
そこはガッツリ金箔で塗り固めているようです。



どっちにしても、
金を見て喜ぶ人以外はオススメしません。








ついに来た兼六園


中はこんな感じ。


画像ばっかりで申し訳ありません。が、本当に、

こんな感じ。
僕の超拙い写真じゃ何も伝わらないかもしれませんが…。
まさしく、置くべきところに置かれるものが置かれている。という感じでした。



で、これが、北の海でも特に取り上げられる滝。



ーーーーー

「まあ 、そう言わずにひと廻り廻って見せてやれ 。来年の春 、しょんぼりして 、ここを歩かないものでもない 。落第したことが判って 、世をはかなみながら歩くには 、ここはいいところだ 。池はあるが 、身投げしても 、腰ぐらいしかないだろう 」
大天井が言うと 、
「じゃ 、滝でも見せてやるか 」
鳶が言った 。
「ああ 、あの小さな滝か 。あの滝の音がまた落第生には身にしみる 。何とも言えず 、世の中がつまらなく思えて来る 。世は春で 、人は花見で浮かれているが 、自分だけはその春から閉め出されている 。自分の周囲に居る人たちはみんな幸福だが 、自分だけは不幸だ 。この一年猛勉強したが 、ついに親の期待にも応えなかったし 、先輩の期待にも応えなかった 。かくなる上は ― ― 」

(北の海下巻より)





それがこれです。
たしかに池の深さは腰までしかなさそう。
そして落第したらこの滝の音が身にしみるらしいです笑。
この滝の音を聴きながら北の海を読む、という贅沢な体験ができたので幸せでした。




お昼前に修学旅行生や団体観光客で騒がしくなってきました。
落ち着かないので逃げることに。向かった先は、チャンピオンカレー。
未だに石川県に来てからカレー食べてないんですよね。



これで金箔ソフトとほぼ同じ値段とかどんなネタ枠だよ!金箔ソフト!!


ホント金箔ソフトだけはオススメしません。



近江町市場


ぜんざい食べようかなーと、チャリを漕いでいると神社を発見。

気になったので入ることに。
名前は尾山神社。
前田利家とまつを祀ってるそうな。


大河ドラマ利家とまつの頃は人やばかったんだろうなあ…。
兼六園みたいに人でゴミゴミしていないので個人的にはこっちのほうが落ち着きます。
兼六園の景観自体はいいんですが、観光客がなかなかにうるさいんですよね。


庭も綺麗ですしいいところ…。
鳥居を隔てて、町と隔離されているかのような静かさ。





歩くと結構軋んで怖い。
この隙間も気になる…。



橋の手前側ん踏んだらへこん(つまり橋の奥側が持ち上がる。画像参照)でびっくり。
これもまた『味』ですね。




その後西茶屋街へ。
ぜんざいを食べようと思ったのですがお目当の店は開いておらず。




どーしようかなーとウロウロしていたら、なんかお祭りをやっていました。

健康を祈ってあぶり餅を食べました。
さらに願い木という、願い事を書いて賽銭と一緒に入れたらその願いが叶うという木も購入。

何を願ったかは秘密。




この神社が願いが叶う場所だった…?




その後すこーしだけ時間があったので、8番ラーメンへ。



野菜たっぷりのラーメン。
野菜が多いとなんだか贅沢でかつ得した気分。

これも金箔ソフトとおんなじ値段かよ…


とりあえず、金沢カレー8番ラーメン




その後井上靖の下宿先へ。


小林寿司の大将さんと1時間半弱お話ししました。
井上靖のお話だけじゃなくて…というか半分くらいは別の話でしたね笑。

この建物は大正に建てられてそのまま残っているそうです。
もともとこのあたりは四高の生徒の下宿先の住宅街だったそうです。


白い建物が見えると思いますが、あそこが四高の寮だったそうです。
お金のある人は下宿をします。
しかし、みんな集まるので結局寮にいることが多かったそうです。

寮の天井には墨でびっしりと『難問』の落書きがされていて、その難問が代々受け継がれていって、天じょうを見ながらみんなで問題を解く。で、自分も難しい問題に出会ったらそこに書くということをやっていたそうです。

おおらかな時代ですよね。
今やったら確実に掃除代請求されそう。




あと金沢についてのお話。
ここ、金沢は昔の道が残っている数少ないところだそうです。
大街道、中街道、横街道とあるんですが、富山や福井は戦時中爆撃があったため道を舗装、作り直したりしているため横街道がないそうです。
ちなみに前から、12メートル、6メートル、3.5メートルと道の幅が決まっています。

こんな感じの狭い道が横街道。

なので横街道が多く残っているところは爆撃などの被害に合わなかった地域…と言えるんだそうです。





オススメの場所も教えていただき、下宿先をあとにしました。


W坂を通って、金沢城へ向かいます。

ちなみにこのW坂。
四高の生徒は二V坂(にぶいさか)と言っていたそうな。
VがふたつでWになりますよね。

しかし、井上靖が北の海で『W坂』とかいたところ、世間的にW坂で浸透してしまったらしいです。
小説の力ってすごいですね…。



金沢城公園。
ここはね…。
歩いててあんまり楽しくなかったです。
というか何か疲れてた記憶があります笑。

平坦な同じような景色がずーっと続いていくようなそんな感じ。

あれ!?チャリ旅で慣れてるはずじゃ…!?

多分、周りに人工物と人が多すぎるんですよね。
案の定ここも観光客がいっぱいでしたし。






また兼六園へいって、滝を見納め。

ありがとう…兼六園…。
ちなみに5時半くらいでしたが、修学旅行生や観光客は少なくてちょっとゆったりと散歩できました。




なんとかぜんざいを食べたくてネットで調べてお店へ。
ぜんざいたべるぞー!

食べる前のぜんざいが並んだ写真は撮ったはずなのに消えてました。


お店選び、
失敗しました。
まず店員さんが超無愛想。客商売でそれはねえだろ…というくらい無愛想。やる気出せよ…。

そして、おもちがあんまりおいしくない。
固い。レンチン足りなかったの?
というかレンチンしたでしょ?って感じ。
まあレンチンはおいておいても餅が超不味い。
お餅ってこんなにまずく作れるんだってくらい。
ぜんざいの汁?はまあまあでした。


めっちゃ酷評ですが、まあ、お店の名前は出してないからいいでしょう…。
ただ、もしぜんざいとかおしることか金沢でたべるなら、
水曜日に営業しているカフェに入ることをオススメします。



浅野川を通って、東茶屋街へ。


茶屋街自体はほとんど閉まっていますが、夕暮れといい感じ。
逢魔が時って感じですね。


小林寿司の大将さんにうめのはしもいいよと言われたのでうめのはしへ。





なーんだ、ただの橋…











思わず息をのみました。
犀川もいいのですが、犀川よりも優しく流れている浅野川の上だったというのがさらに風情があります。

川のせせらぎを聞きながら沈む夕日を見る。
なんて贅沢なひと時でしょうか。



石川県に結局2週間弱いたことになると思います。
明日は違う県にいることになるでしょう。
旅を始めて29日の中の2週間弱ということは半分くらいは石川県にいたということになります。
たくさんの思い出が詰まった地になりました。
旅を終えた時に、旅をした県を1つずつ思い出すような時に、この光景といっしょに石川県のことを思い出せたらと思います。

「あざっした!」




明日は白川郷にいるのでしょうか。
それともいないのでしょうか。
はたまたまだ金沢にいるのでしょうか!?笑




押してぽちり〜してもらえると励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村